デッサンを描いてみた ①

    文化の家で開かれている「アートスクール」の講座の一つ、「絵画講座」を受けて数年経つ。
    講師の山本先生は教材を工夫され、シニア層の生徒たち20人を熱心に指導してくださる。
    これまで、水彩,油彩,アクリル絵具,パステルなどを使って色彩を楽しんできた。
    ときどきは鉛筆の濃度を変えての静物デッサン,石膏像も描いてきた。

    色彩のないモノトーンになると光や影で立体を表現するので、対象に集中して取り組まないと描けないのだ。
    思うように描けないと落ち込むし、上手い人の作品がうらやましい。
    どうやったら対象を的確に表現できるのだろう? デッサンの描き方というものがあるといいな。

    あるギャラリーで偶然出会った人が「デッサン教室」を運営されていた。
    美術系の学校を目指す中,高校生のための個人塾だが、お願いして入会させていただく。

   「君は見えている通りに描けますか? 美術の基本でありながらむしろ難しく思われがちなデッサンを、
    初心者を中心に基礎から丁寧に指導します」と・・・。 通い始めて3ケ月半となる。
    


① 数本の種類の鉛筆で濃淡の練習

② 立方体の三つの面の色の違いをかき分ける

③ 円柱の丸みと遠近を出す

④ 八角柱はなぜか描きやすかった

⑤ 円錐とテーブル接面の線を強く

⑥ 角錐の三本の斜めの線に手こずる


       ここまでは2時間のレッスンの中で何とか描くことができた。
       わりと描けるじゃん! と内心いい気持ちになっていたのだが、この後が難問続きである。
       1回では描けずに、2回連続で課題に取り組むことになった。


⑦ 太い円柱と細い円柱を組み合わせた円柱貫通態

⑧ 角錐に四角柱の角錐貫通態は何度も書き直し

⑨ 石膏なのにふっくら柔らかい女性の手の表現


     
     手の石膏像を描き終えて、ひとまず初歩のデッサン講座が終わる。
     妥協のない先生のご指導によって我が年を忘れ、受験生のような集中力が出てきたみたい。

     「これからは描きたい題材を探してください」と、第二段階に。
     エレベーターのないマンション四階の教室を後にして、次回からは出張講座をお願いした。


動力織機の経糸を巻く大管いろいろ

前の大管ははっきり、後ろは存在ありを表現する


      
      7月は木炭で描くことになり、テーブルに白布を敷いて白いケトルとカップセットを配置する。
      イーゼルに立てたカルトンと木炭紙の使い方と、大まかな形と明暗を教えていただく。
      「全体を暗くして白いモノが浮かぶようにしてください」とのアドバイスで、以後数時間描き続ける。


紙の上に浮かぶ炭を指で擦り込んで定着するのはパステルと似ていた。
大まかで力強い描き方ができるので好きになりそうだ。

定着液のフィキサチーフで炭の粉を落ち着かせてほぼ完成!


絵とモノづくり

↓過去のアートフェスティバル↓

ページの先頭へ戻る