灯りがともる②

     このステンドグラスに出会ったのは3,4年前だったか?
     覚王山アパートの玄関ギャラリーで、残り少ない展示物の中にスックと立っていた。

     その頃の店「プリズム」のオーナーが作家について話してくださったことは、
    「高齢のお父様が思い出すと辛いからって、皆さんの手に渡したいと言われた娘さんの遺品です。
     たくさんの人に購入してもらったけど、残った作品がここにあるんです」と。

     この作家の名前は忘れてしまったけど、住宅や公共建築物の空間づくりに関わっていられたそうだ。
     スケールの大きなステンドグラス作家だったと推察する。


昼間は作品の一つになっている

夕暮れになると周囲を照らす存在に


      薄暗くなってから買い物に出かけるとき灯りをともしておく。
      すっかり暗くなった玄関の手前で、ガラス窓を通しての灯りが見えるとホッとするのだ。
      周囲を華やかに照らしている灯りは、無言で出迎えてくれている。

      会ったこともない作家だけど、この人が残した作品は暮らしの中に生きている。 4月16日 記


コレクション

↓過去のアートフェスティバル↓

ページの先頭へ戻る