楽しかったアトリエマーケット

  ながくてアートフェスティバル二日目です。アトリエマーケットは今日が最終日でした。
  10時にはお客さんがいっぱい、日曜日は来るのが遅いか思ってましたが嬉しい誤算でした。


おにぎりの具材づくり

リゾットできあがり

食育イベントは食文化室から廊下までいいにおいがあふれ、撮っていてつらいつらい。
南知多産有機米コシヒカリ新米。
リゾット作りの付け合わせはライスコロッケとカナッペ。
レストランのようです。
「おかわり」できたかどうか?


もう一度 アトリエマーケット会場に戻ります。
ブースの1つでハロウィンのカボチャ「ジャック・オー・ランタン」を作る体験教室がありました。
30センチ前後のカボチャをくり抜いて、子供たちが楽しそうに作っていました。
見本の一番小さいものと、最後に複数の子供たちで仕上げた40センチほどの一番大きなカボチャです。
このカボチャ、毒ではないけどまずくて食べないそうですよ。
皮も中身も柔らかいので、こうして切ったり実を取り出したりできるんです。ハロウィンまでに乾くといいですね。

    以下はマーケット初日の様子です。


今日から「ながくてアートフェスティバル」が始まりました。
オープニングイベントは「アトリエマーケット」です。
多種多様な作品が集まった、楽しいマーケットになりました。
文化の家がいつもとちがう場所のようです。
館内にも人があふれていて、まさにフェスティバルなのです


各店舗ごとの細かい写真を載せたいところなのですが、遠景ばかりになってしまいました。
とはいえ、会場の活気は伝わったのではないのでしょうか。
興味を持たれた方はぜひ会場にお越し下さい。

アトリエマーケット以外にも館内展示もあります。
当日参加できるワークショップもあります。
明日は、館内のあちこちに飾られた作品を作者たちが解説して回る「ギャラリーツアー」や、
館内広場(ガレリア)で行われる「長久手応援ソング 音楽工房CONオープニングコンサート」が11時から、こちらは無料・入場制限無しです。

                 (写真と記事の提供は 文化の家創造スタッフ橋さんです)


ページの先頭へ戻る