お寺でアート 昼と夜

      あと1週間となった「ながくてアートフェスティバル2015」。
      今年はいろいろな場所を見て回りましたが、まずはお寺参り?からご報告です。
      毎年訪れるこの場所は 昼と夜では全く違った雰囲気になります。
      人気のない夜の境内の縁台に腰かけていると、守られているような心落ち着く場所でした。


二体の金の仏様がお出迎え

夜のスポットはドラマチック

昼間は3人の画家による
「ライブペイント」があったそうです。

乾くまでと、境内にあった作品は
夜目に拝見しても色がよくわかりません。

長久手市内の様々な場所でのアート作品、
24時間営業? の場所はここだけですね。

思い立ったら いつでもどうぞ! 


石地蔵から見た広い境内

たくさんの石地蔵の前に鉄の植物作品

鐘突き堂の下にも仏の顔

本堂の前にも仏様が・・・

夜の本堂は 煌々と明かりが灯る


アートマップとHPができました

緑の文字がシンプルな表紙

長久手市全体のアートマップは44ページあります


            愛知県長久手市(一部瀬戸市)で開かれた「愛・地球博」(2005年)から10年が過ぎました。
            この「ながくてアートフェスティバル2015」は、今年で9回目を迎えます。
         
    1回目はアーティストだけで ひっそりと始まりました。
    回を重ねるうちに、いろいろなお店や公共施設,アトリエやギャラリーの参加も増えて広がりが出てきました。
    詳しくは、長久手文化の家の1Fに置いてある「アートマップ」を見てくださいね。
    文化の家から発信している「ながくてアートフェスティバル2015」のHPは、近いうちに完成します。  

                      HPは こちら


今年もフェスティバルをやります!

どこでもアートの会場にて

「ながくてアートフェスティバル2015」の情報を発信する場の一つです。
今年は9回目に当たり、昨年までとは内容が変わってきます。

大きく変わるのは会期でしょうか。
「もっと長い期間だとゆっくり見て回れるのに・・」という声が多く
10月3日(土)~25日(日)と、これまでより1週間長くなりました。

次回からは内容や場所についてお知らせしますので お楽しみに!


ながくてアートフェスティバル2015

↓過去のアートフェスティバル↓

ページの先頭へ戻る