ながくてアートフェスティバル欅舎

ギャラリーへの扉です

白水ロコ木彫「ベヌウ」

10月1日~22日の土,日,月,火曜日 13~17時OPENしています。

欅舎企画展のテーマは
「木から生まれる・暮らす」としました。

会場に展示した作家作品以外に玄関にも 作品がいっぱい。
この様子の記録ですが、ぜひ実物をご覧くださいませ。

欅舎アートマガジン「暮らしにアート」を創刊しました。お持ち帰りくださいね。


玄関ギャラリーにも作品が住む

深田庸子の木彫「ためいき」

馬見塚喜康「こもれび」

鳥居純子「遠い声」他

中林万里子「Behind the tree」他

森田朋版画「600万年前 星の話」

波多野友香 連作「心臓音へ向かう道」

国島征二「AC-7A16-1]

仲宗根奈美「和紙の5変化」

福田十糸子「和紙の人」

佐治直子「和紙に撮影」他

佐治直子「手漉き和紙のスクリーン」

葉栗里木彫「あおのまにまに」& むろまいこ「住み処」

織りと糸のアトリエへの扉

扉から入った様子です

正面には道具や糸が壁いっぱいに

天井の草木染糸&作業場

機織り機三台から作品が生まれる


ページの先頭へ戻る