暮らしにアートを続ける

    2021年秋、コロナ禍真っ最中だけど企画しました。
    「暮らしにつながる芸術活動,自己表現」の場所として、アトリエとギャラリーでの展示を始めます。
    ゲスト作家を除く18人の参加者は全員アマチュアで、初めての出品です。
    仕事の合間にコツコツと作り始めてやっと展示して、人に見てもらえるようになりました。


暮らしの手仕事

ゲスト作家の絵と立体作品

織のタペストリーなど

初めての試みだったけど、来ていただいた方たちに楽しんでもらえてよかった。
プロのギャラリーオーナーからのアドバイスや、見学者の率直な感想もありがたかったです。

技術面や作品へのこだわりもつたないけれど、とりあえずスタートしたところです。
2022年の秋には一つ一つの作品の存在感が際立つような展示「暮らしの手仕事展」を予定しています。


暮らしの中にあるアート

半地下の階段下の壁面で


   アトリエぎゃらりー欅舎は、コレクション作品を常時展示しています。
   アトリエで織った布を天井から吊るし、作家の作品に添えると和らいだふんいきになりました。

   どこの家にもちょっとした空間の中に、お気に入りのモノを飾る場所があるでしょう。
   また施設のどこかにもホッとする何かがあって、訪れる人の目を引き付けているんじゃないのかな。

   そんな場所やモノを訪ね、飾った人や作った人のお話も聞いてみたいと思います。


プロフィール

欅舎

編集者

カテゴリーリスト

最近の記事15件

月別リスト