ながくてアートフェスティバル 今年もやります!!

こんにちは。桜も散り始めこれから気持ちいい季節が来ますね。
少し早いけど、秋の恒例行事「ながくてアートフェスティバル」
のお知らせをさせていただきます。
今年は8回目となり、盛りだくさんの内容で開かれます。
 [期間は 10月4日(土)~10月19日(日)の16日間]
以下は、初めての方にも知っていただきたい内容です。


[ながくてアートフェスティバルの始まりは]
 ・長久手市には多くのアーティストや学生が在住,在勤,そして作家活動をしています。
  でもアート作品を目にしたり、作家に直接会って話をする機会は限られているんですね。
 ・住民の方たちと作家たちが交流できたらいい、という願いから始まったお祭りです。
 ・会場は「長久手市文化の家を」中心に、長久手市内のあちこちで作品展示をします。

[だれが中心になっているの]
 ・長久手在住・在勤のアーティスト,様々な活動をしている人たちがボランティアで活動中
 ・毎月一回の実行委員会(全体会)と、部門別の小さい会議で話し合い内容を決めていく
 ・会議の場所は「長久手市文化の家」にある企画会議室に集まる(夜の7時~)

[どんなことをしているの]
 ・他のことは順次お知らせしていきます。 現在決まっているのは 次の2つの企画です。

   ①文化の家の1階展示室,1階・2階の壁面や空間,3階の各所に展示する作家募集
       ・4/24(木)の夜7時から、どこの展示場所にするかについて調整会議を行う。
       ・新しく参加したい人は、調整会議の場に作品ファイルを持ってくること。
       ・もし展示希望場所が重なった場合、作家同士で調整すること。
   ②アトリエマーケット  
       ・10月4日(土),5日(日)の両日 文化の家二階の屋外にて  
       ・規約や申込用紙を作ったので 古戦場さくらまつりから配布しはじめる。
       ・1次締め切りは5月末で 50ブースを募集します。

   次の会議は5月の上旬に。 またお知らせしますね ・・・実行委員のひとり ひろ


NAF お寺deアート

   この週末で 16日間にわたって繰り広げられたNAFも終わります 。
   あちこちの展示場を回ってこられたと思いますが、お寺はいかがですか?
   今年のおすすめイベントへ どうぞ お越しください。


本堂の中に かすかな光

5日前の午後6時前、周囲は暗闇の夜の境内です。 
誰もいないのになぜか怖くありません。でも 気配が・・・
灯りに近づくと、こんな仏様が立っていました。
黄金色の衣をまとった等身大のお姿です。

ながくてアートフェスティバル真っ盛りだけど
このお寺での展示を知っている人は少ないかも。
NAFの会場の一つとして快く使わせてくださいます。
ここで「お寺deアート」を展開しているのは、寄川桂さん。
4年目の今年は「仏たち」というお題だそうですよ。


石段を上って境内に

境内から町並みを見下ろす

どっしりとした本堂に向かう


      翌朝もう一度ゆっくり訪れて、境内と「仏たち」を拝見しました。


等身大の迫力なのに 様々な表情が楽しい

かわいいお顔の仏さま


NAF 文化の家での作品探訪

8枚の写真の展示場所はどこ?


   それぞれの絵のタイトルや作者名は省きます。 展示場所は1階,2階,3階でした。
   ながくてアートフェスティバルもあと5日、お散歩がてら見つけてくださいね。


面白い造形作品3点のご紹介です


県立芸大生と 油絵と糸たち

    染めた糸が目立つ「糸と織りの工房」に、フレッシュな新人が入社? しました。
    県立芸大の学生二人が連れてきた8枚の絵です。
    天井を収納場所にしている糸たちの 新しい友達になりました。


紡ぎ車で紡いだ羊毛と学生たちの絵

小さな油絵なんだけど、完成度が高くて存在感があります。落ちついた色合いとシンプルな形が、カラフルな糸たちとマッチします。
油絵と糸がこんなに仲よしだったとは意外だ!

芸大で絵画を専攻する未来のアーティストの絵は ひたむきで気持ちがいいのです。


草木染の自然な色の糸とクールな絵

絵を見ながら機織りするのは 贅沢だなあ


アートフェスティバル ビッグな作品たち


   文化の家の外、東テラスに地上5mもある作品「風魅鳥」を取り付けているのは、
   文化の家創造スタッフの小林大地さん。  完成すれば右の写真になる予定です。


フェスティバルの準備に追われる橋寛憲さん(文化の家創造スタッフ)も、仕事の合間をぬって「ウミイグアナ」をこれから搬入するところ。
全長2,7mもあるけど重さは5㎏なので、こうして運ぶことができる針金作品です。
   展示するのは 築100年といわれる「丸久自転車店」です。 ぜひ ご覧くださいね。


ページの先頭へ戻る