ながくてアートフェスティバルと県立芸大

    何もなかった長久手の丘陵地に突然建てられた建物、それが「愛知県立芸術大学」。      
    1966年に開学されたので、今年で50周年を迎えます。  
    そして今、音楽と美術を学ぶために日本全国から集まった学生たちは日々ひたむきに制作しています。    
    芸術家が多く住む街と言われつつ、地域住民との交流,芸術家や芸術作品と接する機会が乏しい現実でした。    


9回目のフェスティバルをまとめた冊子の拍子と内容です


    この冊子の裏表紙に興味深い文章が書かれていたので、以下抜粋します。

    「長久手町内には公立の美術館もなく、作品を発表・紹介する場も限られていました。(文化の家展示室くらい)
     こうした状況から、ながくてアートフェスティバルの構想が生まれたのです。

     きっかけとして長久手在住の作家による「長久手の里美術展」が毎年、文化の家展示室で開かれていました。
     もう一つは県立芸大のアートプロジェクト構想でした。
     町内に住んでいた作家たちが、文化の家館内と旧谷作銀座地区の店舗や屋外で作品展示をしたのです。
     この構想は協力していただいた住民との交流もあり、芸術を身近に感じられる事業だと好評でした。
 
     このような経緯をふまえて、長久手美術作家の会会員,県立芸大の教員を中心に発起人会が結成されました。
     そして、ながくてアートフェスティバル実行委員会が出来上がったのが2007年です。

     実行委員のメンバーは入れ替わってきましたが、今年10周年を迎えることになりました。
     行政ではなく、作家や市民が中心となって企画運営するのが特徴です。
     次回のブログは、その内容についてお知らせしますね。
     
     


HPが立ちあがりました・・・が

   「ながくてアートフェスティバル2016」の実行委員会では月に一度の会議があります。
   
   今年で10回目を迎える「ながくてアートフェスティバル」には 5つの楽しみがあります。
     ・見て楽しむ  ・聴いて楽しむ  ・作って楽しむ  ・まわって楽しむ
      そして何より、みんなと仲良くなって楽しむ がテーマです。
                      ぜひ、長久手市へお越しください!

   さて 裏方をつとめる実行委員会から、昨年までと変わってきたことのいくつかをお知らせ。

     ・経費を極力切り詰めるために、印刷物を減らす方向になりました。
      昨年までは、チラシの写真や文,印刷などは文化の家のスタッフがして下さったのです。
      委員の全員がアーティストのため、今年はやれる範囲でシンプルな印刷物を作ります。
    
     ・フェスタのホームページも外部に発注していましたが、作家たち全員が入力します。
      これが大変! 6月1日に開始したんだけど、入力できたのはまだ少数です。
      新しく立ち上がったのがいくつかある程度・・・さびしいなあ。
      ながくてアートフェスティバル2016のホームページは ただいま絶賛作成中!
            こちら


ながくてアートフェスティバルは10周年!

開催は 10月1日(土)~10月23日(日)に決定しました!
          次回から詳細をお知らせしていきます。


お寺でアート 昼と夜

      あと1週間となった「ながくてアートフェスティバル2015」。
      今年はいろいろな場所を見て回りましたが、まずはお寺参り?からご報告です。
      毎年訪れるこの場所は 昼と夜では全く違った雰囲気になります。
      人気のない夜の境内の縁台に腰かけていると、守られているような心落ち着く場所でした。


二体の金の仏様がお出迎え

夜のスポットはドラマチック

昼間は3人の画家による
「ライブペイント」があったそうです。

乾くまでと、境内にあった作品は
夜目に拝見しても色がよくわかりません。

長久手市内の様々な場所でのアート作品、
24時間営業? の場所はここだけですね。

思い立ったら いつでもどうぞ! 


石地蔵から見た広い境内

たくさんの石地蔵の前に鉄の植物作品

鐘突き堂の下にも仏の顔

本堂の前にも仏様が・・・

夜の本堂は 煌々と明かりが灯る


アートマップとHPができました

緑の文字がシンプルな表紙

長久手市全体のアートマップは44ページあります


            愛知県長久手市(一部瀬戸市)で開かれた「愛・地球博」(2005年)から10年が過ぎました。
            この「ながくてアートフェスティバル2015」は、今年で9回目を迎えます。
         
    1回目はアーティストだけで ひっそりと始まりました。
    回を重ねるうちに、いろいろなお店や公共施設,アトリエやギャラリーの参加も増えて広がりが出てきました。
    詳しくは、長久手文化の家の1Fに置いてある「アートマップ」を見てくださいね。
    文化の家から発信している「ながくてアートフェスティバル2015」のHPは、近いうちに完成します。  

                      HPは こちら


ページの先頭へ戻る